ターの独り言。車 考察

ベンツ乗りがクラウンを乗ってレクサスとの差別化を感じた。 ベンツ CLA45

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

やっぱり、ブランド力?競争?

クラウンで足りない部分は十分に分かりました。

そのあとに、思ったのが...。この上??

クラウンはあくまでもトヨタブランドのクラウン

というブランドである。

ファンもたくさんいる車である。 最近はどうかな?

でも、トヨタとしての高級車。LEXUSの高級車。

は違うと思うんですよね?

トヨタは日本のブランドであって、世界にも通用しますが、

メインの国は日本で、ライバルも日産、ホンダ、マツダ、三菱

などである。

では、レクサスは?というと...ヨーロッパ車などの外車と

勝負しているのではないか?

と思うわけです。(乗り味も、使っている素材もちがう)

自分もレクサスは試乗をしたことがあるので、ある程度は

わかるんですが、やはり剛性感が高い。

それと、内装の素材、装備、空間づくり、走り

においてワンランク上の車になっている。

当然、価格帯が高いので当然ですが...。

それでも、レクサスとしての乗り味はあるわけで、

それは、おもてなしの空間づくりや日本としての

素材で仕立てているものや、世界に通じる乗り心地

の良さという物はあります。

トヨタでできない部分を補っている??

レクサスが日本に販売店が出来たあたりに聞いた

事があるんですが、レクサスは車両の販売価格は赤字に近い

という話を聞いたことがあります。(実際はどうかな?)

トヨタの話に戻りますが、トヨタとしてできる範囲、お客、

技術があって、トヨタとしての味、日本に合う車づくり

を目指してる気がします。

なので、クラウンという車はLEXUSを超えるような

車にはできないのでは??(領域を超える?)

それと同時に、レクサスの技術=トヨタでもあるので、

レクサスの開発には莫大な費用が掛かる。

その費用を支えるのがトヨタではないか??

と、思いました。

でも、クラウンはレクサスと並ぶ乗り味にしてもイイのでは??

価格も、もう少し上げてドイツ車には出せない乗り味を

クラウンとして出して欲しいと願いたい。

昔のクラウンのキャッチフレーズなのかわかりませんが、

自分は良く聞いたことあるフレーズは...

いつかは...クラウン。

そのフレーズ通りに、新型クラウンはなっているのでしょうか??

乞うご期待ですね。

 

 

スポンサーリンク
たかちゃんをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう
CAR LIFE EVO

コメント

タイトルとURLをコピーしました