自分の車について。車 考察車関係の雑談

ベンツのタイヤ空気圧警告システムを当てにするな!! ベンツ CLA45

この記事は約2分で読めます。

騙されるな!!目安だ!

今回は、経験談から思ってことをお話ししようと思います。

先日投稿した記事なんですが。こちら↓

ベンツでパンクした際の対処法。ベンツ CLA45
パンクしました!!それも、2本。今回は、このお盆の時期にパンクしていました。左側、2本ともデス。完璧に抜けてしまいました💦左前は、釘が斜めに刺さっていました。左後ろは、ねじが刺さってました。そして...

 

この時に思ったことがあって、このシステムなんですが...。

全くパンクの事に気づかなかった=警告が鳴っていないことになる。

という事は全く役に立っていなかった!!

意味がなかった!!

ベンツの説明書は...

 

1、複数のタイヤが均等に空気圧が低下すると検知できないらしい。

2、タイヤに異物が刺さって、急激に空気圧が低下した場合検知しない。

3、空気圧低下警告は、制限や遅れることがあるらしい。

 (下記の5項目の時)

4、スノーチェーンが装着されている時。

5、冬季路面

6、砂や砂利道(固くない路面)

7、非常なスポーティーな運転の際(サーキットかな?)

8、重いモノを積んで走行

 

結果的には、センサーが無いという事と同じ!!

 

上記の通りハッキリ言うと全くあてにならないセンサーという事。

簡単に言うと、車輪が回っている速度を見ているだけである。

車輪速度が変化すると警告メッセージが出るらしい。

自然にタイヤの空気圧が低下した場合で、上記の条件以外であれば警告が出るかも?

なので、空気圧は自分できちんと確認しなければならないという事ですね。

どうしても空気圧を管理したい場合は社外でセンサーとモニターを買うか?!

純正で付いているE63など、ポルシェも付いている車両もありますので

空気圧が計れる車を買うか?!

二択という事ですね。

バルブが専用設計されていますので、自分の車が付いているか?

付いてない?の判断はタイヤ専門店に聞くのもアリですよ!!

表示画面に項目が出てきますので、その時に数字で表示されれば

間違いなくきちんと空気圧を管理できます。

もし、空気圧警告センサーが付いていると言われたり、説明書などに

書いてある場合は注意事項を見たり、聞いた方が良いです。

 

出会いなんて、いつあるかわからない。

出会い方にお手本はない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
たかちゃんをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう
CAR LIFE EVO

コメント

タイトルとURLをコピーしました