車関係の雑談

クラウンの微妙な機能をご紹介! ベンツ CLA45

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

クラウンの新型にある機能。

上記の写真を見てもらえばわかるとおり、窓が開いて

いるので、閉めますか?という事を表示しています。

どーいうことか?

条件は、窓を開けてワイパーをオートにしておく

そして、オートワイパーが雨検知すると...

しばらく走っていると...。

上記のように、窓が開いているので、閉めますか?

という表示が数秒間表示されます。

無視しておいても数分でまた表示されます。

この機能はOFFにもできると思います。

この機能が必要か?というと...。

微妙な機能ですよね...。

サンルーフ付の車だったらこの機能は

あってもいいかもしれませんね!

 

ワイパーの立て方はわかりにくい。

自分の地域では雪が積もる地域。

それで、これからは雪が積もりワイパーを

立てておかなければいけない時期です。

凍ってワイパーがガラスにくっついてしまいゴムの

部分が劣化したり、ゴムが破れたりするので、ワイパーを

立てるのが一般的です。

理由はその他に、雪が車の上に積もった際などにワイパーの

ゴム部分が氷が付いて拭きムラが酷くて発進できない状態に

なってしまうのを防ぐという事もあります。

ワイパーの立て方は車種やメーカーによっても違うのですが、

ベンツの場合は、1回だけワイパーが作動する機能を使って

ワイパーが作動中に任意の場所でエンジンを切ると止まってくれます。

しかし、クラウンはこのやり方では止まりませんでした。

そりゃー輸入車とは違うでしょ?と言われると当たり前ですが...

クラウンの場合はいろんなことを試しましたが全部だめでした。

説明書を読んで...発見!!

ワイパーの立て方。

  1. ワイパーモードをautoに合わせる。
  2. autoモードのままエンジンを切る。
  3. エンジンを切ってすぐにレバーを上がる所まで上げる
  4. 数秒待つとゆっくりとワイパーが動く
  5. 90度くらいの場所で止まる。
  6. そのままワイパーを立てれば完成。
  7. 解除はエンジンをかけ、ワイパーを動かすと解除

このような操作でした。

でも、オートモードでエンジンを切らないと成立しません。

間欠モードや常時ワイパーを動かすモードなどでエンジンを切っても

動いてくれません💦(使いずらい)

もう少し分かりやすく簡単に操作出来たらよかったのに...

このように止まります。

 

 

スポンサーリンク
たかちゃんをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう
CAR LIFE EVO

コメント

タイトルとURLをコピーしました