ターの独り言。自分の車について。車関係の雑談

ベンツのアクティブレーンキーピングアシストに助けられた話。 ベンツ CLA45

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

まずは、どのような機能??

図で表したらこのような感じ。

この機能は、運転手がふらつきやよそ見をし、フロントタイヤ

が白線を越えた場合にステアリングが微振動し、ドライバー

に危険を促し、それでも白線を踏んでる場合はブレーキに

よって元の車線に戻そうとする機能です。

フロントのカメラで監視しているという事ですね。

警告⇒実行される流れですね。

この機能はあくまでも白線が重要。

この機能は、凄く優秀な機能なんですが...。

白線が無い道路や白線が消えかかってる道路の場合

反応しません💦

白線を認識しているので、白線が無い場合は無反応。

その他に、もう1つ雪道でも

白線の上に雪が積もるので、反応しません💦

雪が積もる地域の場合はこの機能は無意味...。

しかし、自分の場合は夏だったので助かりました💦

この機能は、自分の乗っているCLA45にはついてません💦

正確に言うと...ステアリングに微振動のみ。

現行のCLAはステアリングに微振動+ブレーキ制御がAMGモデル

は標準設定。その他のグレードはパッケージオプション設定。

ベンツの場合、AMGモデルは安全装備の標準設定が充実しています。

速度域が高いから走行性能に応じて標準設定されているのでは?

自分は、CLA45の前に乗っていたC450(C43)には

ステアリング+ブレーキ制御が標準設定でした。

C450に乗っている時に夜中に家に帰る途中に

居眠りをしてたらしくこの機能が働いてガードレールに

衝突せずに済んだことがありました💦

本当に助けられました! この機能のおかげでしたね。

やっぱり、新型車は機能がたくさんついている。

実際、最近の車全般に言えることは安全装備が充実

してきています。(国産はまだ、CPUが古い?)

国で定めている機能が年式別に標準設定されていないと

車検が通らないという事らしいです。

なので、車両価格が上がったりセンサー類の故障が

増えたりするわけです。

安全装備の機能が壊れていたら車検時には直さないといけない

という事になりますね。

でも、最近の安全装備は優秀ですし、ドライバーにやさしい

車になってきていますから、いい事ですよね??

安全装備があるからといって慢心運転はダメですからね!!

今日も安全運転で行きましょう!!

今回は、ベンツの機能紹介でしたが他のメーカーも

名称は違いますが、似たような機能はあると思います。

ベンツの安全装備のご紹介でした!!

他にもあるのでまたご紹介します。

中古在庫が確認できます。もし欲しい車がある場合

ここから探してみては??

もう少しで決算時期なので乗り換えるならそろそろ

探してみては??

 

 

 

 

スポンサーリンク
たかちゃんをフォローする
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう
CAR LIFE EVO

コメント

タイトルとURLをコピーしました