車関係の雑談

雪の降る地域の当たり前の事。ベンツCクラス(450) ②

この記事は約2分で読めます。

   

 

    

 

雪の降る地域ではの第2弾!!

 

6.ボディのコーティングやワックスは冬になる前に施行しておく。

秋の後半くらいでコーティングなど、ボディに施行しておくと、雪が積もって

ボディの上に乗っても、雪がボディに付着しにくくなり、雪が落としやすい。

1月から3月まではほぼ雪が降るので、塩カリなどで常に濡れている状態

なので、水垢などの汚れも落ちやすい。塩カリの腐食なども防げる。

 

7.下回りの塗装はなるべく施行するべし。

塩カリの腐食を防げる。雪が下回りにあたる際も塗装しておけば傷なども防げる。

 

8.バッテリーは秋の終わりには状態を把握しとくべし。

冬の時期は電力が多く使われるのでバッテリーが弱っているのか?バッテリーの容量

は適正か?容量は増やせるのか?など確認しときたい。

ヒーターやシートヒーター、熱線ミラー、熱線ガラスなど、一気に電力が使われる

ので、要注意!

そのほか、外気温が0℃以下になって、さらに-10~-20℃になるとエンジンの

始動もすごく電力を消耗し、バッテリーが弱っていたりすると、エンジン始動が

できなくなる。

9.遠出は、トラブルが起きても対処できる準備をするべし。

雪の積もる地域は基本寒いので、-10℃などが当たり前なので、車が止まったり

することも多々あるので、非常灯、反射板(置くスタイル)非常食、毛布などは

準備しときたいアイテム。

そのほかには、JAFの会員などにも入っておくと便利。バッテリー上がり、車の

スタッグ(埋まってしまって動かない)した際にも使えるので。

 

10.できればシートヒーターのある車の方が助かるかな??

マイナス気温になると、車が暖かくなるまで時間がかかるので、暖かくなるまで

シートヒーターで前半は暖を取る。後半はヒーター+シートヒーター。

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました