車 考察

ベンツGLA220 4 MATIC 考察、感想

この記事は約4分で読めます。

外装

      

ということで、お借りしているGLA220 4maticについて。

まずグレード。うーん。後期に当たるのかな。

前の点検時に前期を乗ったことがあるので、その時と比べて。

ヘッドライトがLED、テールライトも変わって、テールゲートも

自動。シートポジションのボタンもシルバーに加飾されて、

新たに220というグレードが追加。250とは馬力、トルクが

違う。

GLA220 4MATIC

最高出力 184ps(135kW)/5500rpm
最大トルク 30.6kg・m(300N・m)/1200~4000rpm
種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量 1991cc
全長×全幅×全高 4430×1805×1505m
車両重量 1570kg
トランスミッション 7AT
GLA250 4MATIC
最高出力 211ps(155kW)/5500rpm
最大トルク 35.7kg・m(350N・m)/1200~4000rpm
種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量 1991cc
全長×全幅×全高 4430×1805×1510mm
車両重量 1600kg

トランスミッション

7AT

※自身のカタログから抜粋

といった感じでしょうか。ハンドルは右のみ。

後は外見の違いは、黒いミラーカバー、アルミホイールデザイン、フォグランプの周り

のシルバー加飾、グリルのシルバー色くらいかな。

ちなみに受注生産になっている。なんと...

内装

              

内装は前期と比べると、極端に変更はないかな。オプションの皮シート、ハンドルの

デザイン変更、テールゲートが自動化ですかね。

感想

感想なんですが、C450と比べると、出だしの加速力はありますね。

車重が軽いせいかな。

街中では使いやすい感じのエンジン。回転数も2000千回転以下では、

全くエンジン音がしない。かといって2000千回転以上回してもそこまで

ノイジーな音は入ってこない。しいて言うのであれば2リッターエンジンの

独特な音は4千回転くらいからは入ってくる。マフラー音はなし。

ロードノイズはホイールハウスが広いのとタイヤに厚みがあるせいか、ほとんど

感じない。タイヤの種類もあるかもしれない。

乗り心地はやはり、ドイツ車。基本的に固めなセッティングである。

ホイールベースが短いせいか段差ではCクラスより跳ねるイメージがある。

でもしっかり曲がってくれるし、コーナーで傾くようなことはない。

ハンドルも日本車に比べるとしっかりした手応えはある。しかし

C450比べると、日本車に近い印象ですね。センターが若干緩い感じがあった。

少しハンドルを切ってもすぐに反応する感じがしない。

ブレーキは最初の段階で効かせる感じであった。C450は踏みこまなければ緩い感じ

だったので、最初はやたらと効くイメージ。都会仕様?ブレーキアシストが強い?

アクセルペダルも応答性がよくすぐに制限速度まで到達。ペダルはCクラスほど

深くない。

内装の使い勝手はあまりよくないかな。カップホルダーがスタバのコーヒーが

並ばない。それも縦に2個。意味不明に深い携帯入れ?がカップホルダーの前にある。

インナーミラーが小さい。最低限の大きさ。ボンネットの先がわかりにくい。

曲がるときに、車高が高いせいか、縁石が見えずらいので、どれくらい曲がればいいかが

わかりにくい。シートポジションは高く視野性はGOOD。

シートのホールド感はC450ほどはないが、十分ある。後ろの窓が小さいのでカメラで

見た方が早いかな。見ずらい印象。

総評

全体的に自分の中ではあまり買う理由が見つからないが、使い勝手はいいが、Aクラス

があるので、自分はAクラスセダンになってしまいそう。SUV版,Aクラスなのかな?

段差は気にしなくて良さそう。女の人が乗る際はいいのかもしれない。

エンジンはパワフル?軽いから?GOOD! 乗り心地は日本車から考えると硬い。

ライバルが多いので、選ぶ選択肢が多いので、乗らないと決めれないクラスだなー

と思いました。内装も高級感は◎ 質感も◎ 

ベンツの最近いいところは、iPodがどの車にも対応していることが素晴らしい!

視野性は◎ 取り回しも◎

購入の選択肢になる場合は、試乗をお勧めします。

これといっていいところが無かった...。セダン好きだから...?

スポーツ路線じゃないからかな?

すいません。正直に書きました。

参考になれば幸いです。


自動車(メルセデス・ベンツ)ランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました