車 考察

Cクラス最上級のC63をカタログで考察。

この記事は約2分で読めます。

Cクラス最上級グレード。C450との違い。

     

 

内 装...うーむ。内装の違いは63Sと63。

ナッパレザーのシートに材質が変わる。カラーは2色、ホワイト、ブラック

レッドペッパーという赤?とブラック。シートのヘッドレスにAMGロゴが入る。

(63Sのみ。)うらやましい!!あとは、IWCのアナログ時計!欲しい!!

たしか、シートがサイドサポートが動くはず。C63はなんないかな?

あとは、ドアの内張りも、2色になったりしている。

あとは、運転席のディスプレイにAMGモードが追加されているはず。タイムラップ

が出るはず。

あとは、ステアリングホイールの材質がナッパレザーが63、ナッパレザーと

DINAMICAのコンビが63S。

一番の違いはシートですね。やっぱり、E63よりは劣っているみたいです。

外 装...ホイールがメイン??

ボディカラーが5色しかない。ポーラーホワイト、オブシディアンブラック、

イリジウムシルバー、ダイヤモンドホワイト、ヒヤシンスレッド

ホイールがクロススポークアルミに変更。さらに、鍛造。

グリル、フロントバンパー、サイドスカート、リアバンパー、マフラー

が専用デザイン。さらに、63Sはまた別デザイン。

カタログではわからん。実物で見ないとわからんかな?

あと、ボンネットがドーム型に変更車幅が1810mmから1840mm拡大

全長が4690mmから4755mm延長

全高も1445mmから1430mmにダウン。

あとは、見た目でいうと、ブレーキがレッドキャリパーで、ブレーキディスクが

360mmが63で、390mmの63S。63Sはフロントだけ材質が

コンポジットディスクに変更。

あとは、フロントフェンダーが専用デザインでV8BI TURBOのエンブレムが付く。

次は、パフォーマンス編


乗り物ランキング

 

AMGは価格が高いが、最高。FXは大変だが見返りが大きい!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました