自分のこと。自分の車について。

やっぱり、ダメなのか...。① CLA45 シューティングブレーク

この記事は約2分で読めます。

2か月前くらいの話。

エンジンをかけてアイドリングが落ち着くのを待ってもエンジンチェック表示が

消えない事件。

いつもだと、エンジンがかかってすぐに消えるエンジンチェック表示。

え?????どー言う事???Googleさんに頼って検索。

これといった記事は見つけれず...。

で、思い出したのが...そーいわれたら、レースチップ入れてるんだと思い...

説明書を探し、見てみると、ふむふむ。

エンジンチェックが付いた場合の対処法が...

それが、パワーレベルが1段階から7段階まであるんですが、

このレベルを下げてくださいとのこと。

買った時に付けてもらった業者さんが初期設定を確か、7段階にしたとか?して

ないとか?何段階かにしたのかは不明ですが、たぶんなんですが、7段階

ではないかと...。

最初に、数字をを見ずにレベルを下げるボタンを1回押して(数字が見ずらい位置に

取り付けられているので見えなかった)

エンジンを切ってかけ直しました...ブーン...。

エンジンチェックは消えませんでした💦まだ足りないか...。

もう1回!!ポチっと!!ブーン...。

消えました!!!!やったー!

というわけでちなみに何段階になったか気になって違う角度で数字を見たら5レベルに

なってたので、やはり7段階になっていて2回下げたので5レベルと判明。

ちなみに、レースチップの説明書には5段階が設定値ですとのこと。

それ以上は上げないで下さいと...。

業者さん...知っててやりましたね??確信犯ですよ??

とりあえず、一件落着。

レースチップとは...メインコンピューター(指令を出すところ)

と動かすコンピューターの間にサブコンピューターを割り込ませ、

メインのコンピューターには今までと変わらない信号を送り、

動かすコンピューター側にはもっと動きなさいと信号を送ります。

そーすると、エンジンの安全ラインから上の部分が引き出されるという

仕組みコンピューターパーツである。

なので、エンジン本来の力が出るので馬力、トルクの値が大きく飛躍

します。(大体マージン残しているので)

※正確には少し違うかもしれませんが、大体は合ってると思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました