自分の車について。

ベンツCクラス点検。意外な機能を発見。

この記事は約3分で読めます。

点検が、5月中なんですが、このコロナウイルスの影響で様子を見ることに

ヤナセさんの担当の方から言われていたのですが、もう下旬。

電話しないと。あー意外と混んでいるんですよね。

特に自粛解除になったので特に思います。

連絡してみるかー。移動距離もあるんだよなー。代車ないかな?

今回は雑談でいきますか。

ベンツってワイパーが助手席側が根元が回転している感じになっているんですよね。

拭き取りの幅を増やし、拭き取りムラが少なくなるそうです。

レインランネルという名前知っています?

ベンツには雨の通るラインがるらしい。要は、ガラスに着いた雨の通る道が設け

られてるらしいですよ?知りませんでした。ピラーのとこから後ろに雨が流れる

ように溝みたいなもの?が付いているらしい。

ミラーにも溝が入っていてミラーに水滴が付きにくいらしい。

視界がいいらしい。 ※ヤナセさんからの雑談話にて。

ん?乗ってるよね?って思いましたね?

そうなんです。以外に気付かなかったんです。そう言われたらそうだなと思いました

言い訳させてください。撥水コートがかかっているので弾いてると思ってました!

違うんですね。よく考えてますね。素晴らしいです!!

あと、もう1点あるんです。

全然期待してなかったんですが、調べたら以外な結果が出ました。

タイヤのパンク警告機能がありまして、どうやってパンクなんかわかるのか

不思議で、最初は社外である、タイヤの空気の入れるキャップにセンサーがあると

思っていたんですが、タイヤ屋さんに聞いたらついてないよって。返答が...

大したもんじゃないんだなと思っていたら。ちがった。

EPS機能(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)

車輪の回転速度、横方向加速度、ステアリング、ブレーキ圧、ヨーレートの5 種類のセンサーがあり、エンジントルクや4 輪それぞれのブレーキを自動的に制御する安全装置。

この中にある車輪の回転速度センサーを使って、パンクしているかを判断しているらしい。

パンクしていると回転速度が遅くなるので、そこでおかしいと判断するわけですね。

またハイテクな機能ですなー!!  ※自身のカタログにて参考

Cクラスしかわからないんですが、雨の日、ディスクブレーキに着いた雨を乾かすのにヒーターみたいなものが付いているらしい。

すぐ壊れそう...。水が付くとブレーキの効きが悪くなりますからね。

まっしっかし、いろんな機能がありますねー。驚きですね。

オーナーすら気づいてないという...。

だから、高いんだろうな...。車両価格がね...。

納得してしまいますよね...。まだあるんだろうな...。

また、驚きの機能が発見でき次第アップしていきまーす!!

今日はこの辺で失礼します。


自動車(メルセデス・ベンツ)ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました